種の選び方のポイント|初心者でもラクラクガーデニング|お庭いじりの醍醐味を味わおう

初心者でもラクラクガーデニング|お庭いじりの醍醐味を味わおう

園芸道具

種の選び方のポイント

野菜

野菜を種から育てる際には、三つのポイントを把握しておくと野菜の種を選ぶときに困りません。簡単に野菜を育てることができるように、三つのポイントについて確認しましょう。一つ目に、発芽率を確認しましょう。最初に発芽しやすい野菜の種を購入しておくと、失敗することはあまりありません。逆に発芽率が低い野菜の種は、育てるのが難しい種類の野菜になるので事前に確認しておくとよいです。二つ目に、野菜の採取時期です。なぜかというと、野菜の採取時期に合わせて種をまくので初めに採取時期を確認しておかないと、間違った時期に種まきをしてしまうと野菜がうまく成長できずに育ってしまいます。三つ目に、害虫や病気に強い野菜の種を選ぶことです。初めての人でも、病気にかかりにくい野菜の種を選ぶと簡単に育てることができます。しかし、野菜には変わりないのでどうしても害虫などが寄ってきます。その場合は、害虫の対策を行ってください。
野菜を育てる際には、育てる環境が重要になります。野菜の種類によっては、暑すぎても寒すぎても育つことができない物があるので、自分が育てる環境に適している野菜の種を購入しましょう。どうしても、自分が育てる環境に合わせた野菜の種を見つけることができない場合はホームセンターの店員に一度相談するとよいです。ホームセンターで種を購入する際には、生産者と生産履歴がわかるような種を購入してください。なぜかというと、種も時間が経つにつれて劣化していくので、劣化している種を植えても成長することはありません。なので、できるだけ生産日が新しい野菜の種を購入しましょう。